不動産競売物件戦略|注目競売物件情報

  • 不動産競売物件戦略
  • 注目競売物件情報
  • 2011.8. 3

不動産競売|注目物件|東京地裁9月1日開札 中野区分建物バルク競売(一棟物)

東京地方裁判所本庁、入札期間:平成23年8月18日〜平成23年8月25日、開札期日:平成23年9月1日の注目物件情報です。

 
H22_2282.jpg
 
物件名:セレニティ中野
事件番号:平成22年(ケ)第2282号
売却基準価額:218,350,000円
買受申出保証額:43,670,000円
交通:JR中央線「中野」駅徒歩約13分
建物種別:区分建物のバルク競売(実質的に一棟物)
※住居表示:東京都中野区上高田2-1-1
 

早稲田通り沿いに建つ、18室に区分登記された賃貸マンションのバルク競売です。建物は、2007(平成19)年の8月に建築された鉄筋コンクリート・鉄骨造陸屋根7階建で、ワンルームから1LDK、1DK、2DKなどさまざまな間取りがあります。

実質的に、土地231.23平米(約69.9坪)付の築浅一棟物競売物件ですので、入札を検討するは多いと思いますが、事件性がありますのでご注意ください。

裁判所が公開している記録によると、現所有者は、前所有者から2ヶ月以内に入居者の立退きを終了させる約束(すなわち、全室空室の状態)で、担保権付で購入したようです。しかしながら、実際には前所有者の時からの入居者が住んでいるとのことです。

(株)オフィス・ジーワンがほとんどの部屋をBに貸し、Bが第三者に転貸していたようです。ところが、Bが競売妨害等により逮捕されたという報道がなされたらしいです。入居者は、現所有者ではなく、前所有者側から立退きを迫られているようです。そうしている間に、現所有者にとっては思いのほか早く、抵当権からくる不動産競売が執行されたという競売事件のようですね。
 
築浅の(実質的に)一棟物競売ですが、最寄駅からそれほど近いわけでもありませんので、よほど思い入れや諸事情がある場合は別として、落札価格は3億円前後に落ち着くのではないかと思われます。
入札する方は、落札してもしばらくの間(最低6ヶ月程度)賃料が入ってこないくらいの事業計画を立てた方がよいかもしれません。