不動産競売物件戦略|注目競売物件情報

  • 不動産競売物件戦略
  • 注目競売物件情報
  • 2011.5.11

不動産競売|注目物件|東京地裁6月9日開札 神田駅近接一棟物

東京地方裁判所本庁、入札期間:平成23年5月26日〜平成23年6月2日、開札期日:平成23年6月9日の注目物件情報です。

JR山手線・京浜東北線・中央線及び東京メトロ銀座線「神田」駅に近接する、千代田区神田鍛冶町二丁目の商業ビル一棟です。


物件名:神田小島ビル
事件番号:平成22年(ケ)第2268号 物件番号1、2
売却基準価額:786,800,000円
買受申出保証額:157,360,000円
交通:JR山手線・京浜東北線・中央線及び東京メトロ銀座線「神田」駅近接
建物種別:一棟物



平成6年築で神田駅近接のビル(地下1階付10階建)で収益性も悪くないので、この不動産競売物件の落札価格はかなり高騰すると思われます。

きれいな形をした角地に建ち、160.69平米(約48.6坪)の土地が付いています。

建物の顔(外観)も、比較的良好ですね。

裁判所が公開している資料を見る限りでは、既存テナントとの間での争いや事件性は見当たりません。あえて問題点を指摘するとすれば、内装費を支出した旨を主張しているテナントがあることです。

この件については、無理に立退きを要求せず、そのまま気持ちよく営業活動を続けていただけるよう落札者側が配慮すれば、特に問題にならないと思われます。

この物件はある程度の競争を覚悟しなければなりませんが、立地条件・(既存テナントを含めた)建物の質を考慮すると、勝負(入札)しても良いかもしれませんね。ただし、10億円を超えないと落札できないでしょう。

なお、同じ債務者に関する事件の土地競売があります。
平成22年(ケ)第2268号 物件番号3

事件番号が同じで物件番号が異なりますので、入札をお考えの方は入札関係書類への記述を間違わないようにご注意ください。