不動産競売物件戦略|注目競売物件情報

  • 不動産競売物件戦略
  • 注目競売物件情報
  • 2011.11. 9

不動産競売|注目物件|東京地裁12月8日開札 港区南青山一棟物

東京地方裁判所本庁、入札期間:平成23年11月24日〜平成23年12月1日、開札期日:平成23年12月8日の注目物件情報です。

 
今回は、港区南青山6丁目にある、地下1階付9階建ての一棟物ビルに注目してみました。
 
23_909.jpg
 
事件番号:平成23年(ケ)第909号
売却基準価額:
179,060,000
買受申出保証額:
35,812,000
交通:東京メトロ銀座・千代田・半蔵門線「表参道」駅徒歩約10分
建物種別:一棟物

※住居表示:港区南青山6-6-21

裁判所の資料によると、この一棟物競売物件の所有者が地下1階及び1&2階を空室の状態で占有しています。
 
土地が98.34平米(約29.7坪)付いた鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根地下1階付9階建の一棟物です。築年月は1991(平成3)年です。
 
各フロアの面積は、3階までと4階以上で広さが大きく違います。
 
地下1階  53.32平方メートル
1階    50.89平方メートル
2階    64.93平方メートル
3階    64.93平方メートル
 
4階以上は、いわゆる「エンピツビル」になっています。

4階    36.43平方メートル
5階    36.43平方メートル
6階    36.43平方メートル
7階    37.03平方メートル
8階    37.03平方メートル
9階    37.03平方メートル
 
各フロアの面積が決して広くないことと、想定される年間収入が2千万円くらいとすれば、それほど高額な落札価格にはならないと思われます。
この床面積でもよいということであれば、自社ビルとして購入し、賃料収入から金融機関に返済するということは決して悪いことではないと思います。
表参道駅から少々遠いですが、骨董通りに面し、六本木へのアクセスにも便利な立地なので、入札時の保証金の手頃さもあって注目物件としてみました。
 
この競売物件に興味がある方、取得をお考えの投資家さまは、お気軽にお問い合わせください。