不動産競売物件戦略|注目競売物件情報

  • 不動産競売物件戦略
  • 注目競売物件情報
  • 2011.9. 7

不動産競売|注目物件|東京地裁10月6日開札 文京区本駒込区分建物バルク競売(一棟物)

東京地方裁判所本庁、入札期間:平成23年9月22日〜平成23年9月29日、開札期日:平成23年10月6日の注目物件情報です。

 
区分建物のバルク競売は、売却基準価格が高額になるので、これは一棟物かもしれないと気付く方も多いと思います。逆に売却基準価格がそれほど高くない場合、競売物件一覧の「マンション」欄に掲載されているため普通の区分マンション競売であると思うこともあります。

そこで今回は、売却基準価格がそれほど高くない、東洋大学白山キャンパスすぐ近くの実質一棟物である区分建物バルク競売に注目物件として取り上げました。
 
H22_1854.jpg
 
事件番号:平成22年(ケ)第1854号
売却基準価額:48,090,000円
買受申出保証額:9,618,000円
交通:都営三田線「白山」駅徒歩約6分 
    東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩約7分
建物種別:区分建物のバルク競売(実質的に一棟物)

※住居表示:東京都文京区本駒込1-10-8
 
文京区本駒込や白山は、際立った派手さはないものの、住みやすい住環境が整備されていると思います。電車、車ともに東京都内への移動が便利なエリアです。一度住むと、長く住み続ける方が多いのではないでしょうか。
 
裁判所の記録によると、今回の競売物件は、土地が84.21平米(約25.47坪)と道路持分が付いている区分マンションのバルク競売です。実質的に一棟物の競売物件となります。
では、物件番号順に競売物件の内容を確認してみましょう。

物件番号1:道路持分
同2:土地
同3:土地
同4:3&4階部分(平成10年築鉄骨造:専有面積87.62平米)
同5:1&2階部分(平成10年築鉄骨・鉄筋コンクリート造:専有面積108.29平米)

物件番号5については、居宅として登記されていますが、現況は車庫・事務所(店舗)及び居宅として使用されているようです。
 
記録を分析する限りでは、どうやら建築確認申請時と現況が大きく異なるために、違反建築の状態にあるようです。その理由は、この建物は地下1階付地上3階建ての建物として建築確認申請をしているからです。

この競売物件に入札をお考えの方は、落札(購入)後に合法的な建物に改築する必要があるのでご注意ください。落札代金と登記に関わる諸費用の他に、それなりの改築費用がかかることを事業計画として織り込む必要があります。

そうはいっても、

・文京区の最寄駅から徒歩7分圏内にある
・平成10年築の建物
・値段も手頃であることから、一棟物に改築すれば魅力的

という要素が揃っていることから、不動産業者はみすみす見逃すことはしないでしょう。
 
今後も、規模は様々ですが、立地条件の良い一棟物競売物件が続々と競売市場に登場しそうです。これから一棟物を購入しようとする方にとっては、魅力的な不動産を購入できるフォローの風が吹くと思います。