不動産競売物件戦略|注目競売物件情報

  • 不動産競売物件戦略
  • 注目競売物件情報
  • 2011.9.13

不動産競売|注目物件|千葉地裁松戸支部10月20日開札 北小金駅徒歩5分築浅区分マンション・バルク競売

千葉地方裁判所松戸支部、入札期間:平成23年10月6日〜平成23年10月13日、開札期日:平成23年10月20日の注目物件情報です。

 
今回は、2007(平成19)年築区分マンション37室のバルク競売に注目してみました。
 
MATSU_H22_533.jpg


物件名:カミュー松戸北小金
事件番号:平成22年(ケ)第533号
売却基準価額:217,960,000円
買受申出保証額:43,592,000円
交通:JR常磐緩行線「北小金」駅徒歩約5分
建物種別:区分マンションのバルク競売

※住居表示:千葉県松戸市小金378


この競売物件は、「レガリア」シリーズのバルク競売です。東京都内でも、何度か同シリーズの競売物件が登場しています。今回、裁判所作成の資料数が膨大すぎて、BITのPDFで閲覧できる情報が少なかったので、千葉地方裁判所松戸支部へ足を運び、いわゆる「三点セット」を閲覧してきました。ファイルの厚さが10センチを超えるくらいの量がありました。。

私たちの地元(新松戸近郊)の築浅バルク競売物件であることから、配当要求の終期等の公告に出た時よりこの物件に注目はしていました。しかしながら、破綻したSFCG絡みの案件でしたし、他のレガリアシリーズの競売物件と同様任意売却による購入は容易ではないと考えていました。

この競売物件は、最寄駅である北小金駅より数分歩き、坂道を下った左側にあります。北小金エリアは、正直言って街自体が活況を呈しているわけではありませんが、

・東京都内、特に大手町等に通勤する方にとっては便利
 (千代田線直通、大手町まで乗り換えなしで約40分)
・松戸や柏に比べて、家賃が比較的安め

という理由もあり、賃貸マンションやアパートへの需要が比較的多いエリアです。
 
ただし、あまりにも賃貸物件、特にアパートがこのエリアに乱立してしまい、最近では空室物件も少なくありません。この物件も例外ではなく、空室は増加傾向にあると思います。

売却基準価格については、他のレガリアシリーズの競売物件と同様に比較的高めです。建物が築浅である場合には、どうしても売却基準価格が高めになってしまうのも競売物件の特徴の一つです。
 
写真左側、隣地の戸建て住宅との高低差に注目してみてください。決して地盤の良い場所ではないところに建っているので、地震による建物破損のリスクはないとはいえません。地元の方ならばよくご存知だと思いますが、このマンション前の道路は交通量が多い割に、道幅が狭く、夜は暗いです。築浅&駅近の(実質的な)共同住宅ということで高値で落札してしまうと、大きな苦労が待っているかもしれないので注意です。
 
とは言っても、入札数は比較的多くなると思っています。私たちも入札するかもしれません。現在、資料と展開を分析中です。
 
 
この競売物件に興味がある方、取得をお考えの投資家さまは、お気軽にお問い合わせください。