不動産競売物件戦略|不動産競売ニュース&トピックス

  • 不動産競売物件戦略
  • 不動産競売ニュース&トピックス
  • 2011.6. 6

不動産競売情報の東北地方太平洋沖地震による影響について

不動産競売情報を掲載しているBITより、東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、全国の競売物件情報については、表示している情報が最新ではない場合があるとのことです。

千葉地方裁判所においては、現況調査報告書及び評価書の内容が東北地方太平洋沖地震の発生前であるものについては、順次現状の確認作業を行っているとのことです。結果については、閲覧室に備置きのファイルに掲載するものの、BITへの掲載は間に合わない場合があるとのことですから、入札をお考えの方は、閲覧室備置きのファイルや現地を確認するなどした上で入札手続等を行う必要があるでしょう。

特に、入札金額が高額になる一棟物不動産の場合は、

・躯体の損害(ひび割れ等)
・液状化等による給排水管設備の損害
・退室状況(被災地では一気に退室している可能性も否定できません)

などの状況に関するリスクを加味して入札を検討する必要があると思われます。


BITとは(http://bit.sikkou.jp)
地方裁判所の不動産競売物件についての執行情報を提供。最高裁事務総局が運営。