不動産競売物件戦略|開札情報

  • 不動産競売物件戦略
  • 開札情報
  • 2011.7. 7

不動産競売|開札結果|東京地裁7月7日 東京スカイツリー近郊墨田区向島一棟物、南青山一棟物、八丁堀&新川一棟物

本日は、東京地裁本庁の不動産競売開札日でした。注目していた東京スカイツリー近郊墨田区向島一棟物は、取下げになりましたので開札されませんでした。

以前、次の通り注目していた
不動産競売|注目物件|東京地裁7月7日開札 東京スカイツリー近郊墨田区向島一棟物

は取り下げになりました。

この物件は、東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線・都営浅草線・京成押上線「押上」駅徒歩5分圏内の、墨田区向島三丁目の賃貸マンション一棟でした。

私たちの入手している情報によると、この物件の近隣の賃貸マンション一棟への差押手続きが進んでいます。ただでさえ経済不況が叫ばれていた上に、今回の大震災&原発問題でなお一層経済が冷え込んでいます。一棟物不動産を購入したい方は、あせらずにじっくりと良い物件と出会うことを楽しみにした方が賢明かもしれません。


なお注目物件としては取り上げていませんでしたが、東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩3分の港区南青山二丁目の事務所一棟ビルは開札されました。

事件番号:平成23年(ケ)第38号
入札者数:6名
売却価格:266,000,000円
落札者資格:法人
※売却基準価額:168,000,000円

この競売物件は、昭和62年築の鉄骨造陸屋根5階建ての事務所ビル一棟でした。エレベータが無いことや道路付けがイマイチということから、この物件の資産価値の評価の判断が分かれたかもしれません。

・港区南青山二丁目で最寄駅から徒歩3分
・入札保証金が3,360万円であったため、現金納付の負担が比較的小さい

という好条件であったにもかかわらず入札者数が6名のみであったことが、この物件の一般的な評価を表しているように思います。結果的には高額な落札価格ではないかという印象です。


また、おそらく多くの方が注目していた平成20年築一棟物の2棟が競売になった事件

事件番号:平成22ケ217/物件番号:1,2,3 物件名:八丁堀デュープレックス・リズ
事件番号:平成22ケ217/物件番号:4,5 物件名:新川デュープレックス・リズ

は、開札ぎりぎりで取り下げとなりました。
これも妥当な結果ですかね。