不動産競売物件戦略|開札情報

  • 不動産競売物件戦略
  • 開札情報
  • 2012.10. 3

不動産競売|開札結果|東京地裁10月2日開札 渋谷区代官山大型区分マンション

昨日は、東京地裁本庁の不動産競売開札日でした。注目していました、渋谷区代官山(所在地:猿楽町)の大型マンションなどが開札されました。

 
渋谷区猿楽町にある、昭和48年築の約150平米ある区分マンションの開札結果です。
 
物件名:代官山シティハウス
入札者数:3名
売却価格:82,100,000円
落札者資格:個人
事件番号:平成24年(ケ)第722号
※売却基準価額:73,970,000円
 
この区分マンションは、全部で14戸しかない割に土地が広い為、持ち分を計算すると30坪以上の土地の持ち分がついていて、1階ということで専用庭もありました。さらに、目の前には、今年オープンした代官山TSUTAYA。
 
私たちも以前、同じ猿楽町のマンションを落札したことがありましたので、実は、ぎりぎりまで入札を検討していました。想定落札価格を予測するとともに、多額の管理費等の滞納や登記費用等の諸費用を鑑みた場合、
 
想定落札価格:83,300,000円
に対して、
当社が入札(落札)したい価格:7,500万円くらい
 
というシミュレーション結果になったこともあり、今回は入札を見送りました。
結果的には、120万円安く落札されました(誤差に関してはプロとして反省しています)。
 
代官山とはいえ、私たちのような専門業者が、転売目的でこのような大型区分マンションを落札しても容易に転売できる時代ではありません。それだけ、不動産市場は厳しい現実におかれています。一方、自己所有でこの区分マンションを購入(落札)したとすれば、とても良いお買い物だったと思います。