不動産競売物件戦略|不動産競売コラム

  • 不動産競売物件戦略
  • 不動産競売コラム
  • 2011.4. 1

不動産競売の落札までは誰でも出来るんですよ

不動産競売の情報の閲覧、入札、落札までは誰でもできます。問題はその後の「立退き交渉」です。

 

不動産競売の物件情報は3点セットと呼ばれ、昔は管轄の裁判所まで閲覧しに行っていたのですが、今はネットで誰でも簡単に情報を入手することができるようになりました。そして、手持ちのお金があって、手順さえ覚えれば入札代行業者に頼むこともなく、誰でも入札&落札することが可能です。
一番の問題は落札後の立退き交渉(明渡し交渉)になってきます。
こればっかりは、経験がないとうまくできませんし、一方的に法律で解決しようとすると問題を複雑かつ長期化させるだけです。競売物件は国が販売をしているのですが、立退きに関して国は一切関与しませんので、自分で解決しなければなりません。
安く落札できたにも関わらず、その後の交渉にお金がかかり、結果的に高くなってしまったなんてことが起こらないように、自力で交渉するもよし、面倒だから業者に頼むもよし。どちらにしてもしっかり準備をして望みましょう。
代行業者には落札までのサービスと、立退き交渉は別料金なんてところもありますので、しっかり確認しましょう。
当社では、物件の選定、調査、入札、立退き交渉まで、お客様が安心して物件を取得できるサービスを行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

不動産競売の物件情報は3点セットと呼ばれ、昔は管轄の裁判所まで閲覧しに行っていたのですが、今はネットで誰でも簡単に情報を入手することができるようになりました。そして、手持ちのお金があって、手順さえ覚えれば入札代行業者に頼むこともなく、誰でも入札&落札することが可能です。

 

一番の問題は落札後の立退き交渉(明渡し交渉)になってきます。

 

こればっかりは、経験がないとうまくできませんし、一方的に法律で解決しようとすると問題を複雑かつ長期化させるだけです。競売物件は国が販売をしているのですが、立退きに関して国は一切関与しませんので、自分で解決しなければなりません。

安く落札できたにも関わらず、その後の交渉にお金がかかり、結果的に高くなってしまったなんてことが起こらないように、自力で交渉するもよし、面倒だから業者に頼むもよし。どちらにしてもしっかり準備をして望みましょう。

代行業者には落札までのサービスと、立退き交渉は別料金なんてところもありますので、しっかり確認しましょう。

当社では、物件の選定、調査、入札、立退き交渉まで、お客様が安心して物件を取得できるサービスを行っていますので、お気軽にお問い合わせください。