不動産投資戦略|不動産投資コラム

  • 不動産投資戦略
  • 不動産投資コラム
  • 2011.4. 1

7億円以上の不動産投資案件を創作。投資用不動産の争奪戦時代

「投資案件さえあれば...」と嘆いていても、時間だけが過ぎ去ってしまう時代です。

金融機関の決算時期(3月末)が近かったことや、世界的にも史上まれにみる低金利傾向もあいまって、いわゆる富裕層や中小企業経営者の方々における、不動産投資物件の争奪戦を肌で感じています。

具体的には、比較的優良な7億円以上の不動産投資案件一つに対して、多くの投資家が集中しています。

私たちの存在意義は、できる限り質の良い不動産投資案件を市場より安くご提供することです。

投資家さんのご要望にお応えするために、日々水面下で活動していますが、手に入る案件だけではとても間に合わなくなってきました。従来のように物件情報を入手し、いち早く良質な物件にアタックする瞬発力に加え、物件情報とアイデアを組み合わせることで新たな商品として創作していく可能性を探っています。

もちろん、スピードやタイミングは重要ですが、物件情報を一つずつ丁寧に見直し、可能性のある案件を発掘し、商品に仕上げるという仕事がより重要になる時代です。